Category Archives: 馬の餞

馬の餞

皆さんはこれを読めるだろうか? 「馬の餞」 うまのはなむけである。 土佐日記で紀貫之が書いたものが有名である。 男もすなる日記といふものを、女もしてみむとて、するなり。   それの年の十二月の二十日あまり一日の日の戌の時… (more…)