宮沢賢治の生地について

宮沢賢治は岩手県に生まれたそうだ。
岩手県といえば近年、平泉が世界遺産登録されたことで有名である。
かの源義経が幼少時代に過ごしたことでも有名だ。
実は小生も近々訪れようと計画している。

その平泉からまっすぐ北に向かった先に宮沢賢治の生誕の地がある。
岩手県稗貫郡里川口村(のちの行政区再編により花巻川口町、花巻町を経て、現花巻市)。
現在は北上市の北にある花巻市である。


大きな地図で見る

宮沢賢治は1896年(明治29年)8月27日、質・古着商を営む宮澤政次郎(1874年 – 1957年)とイチ(1877年 – 1963年)の長男として生まれたそうだ。亡くなったのは1933年9月21日。
つまり37歳という若さで彼は亡くなったのだ。
その短期間に残したものは実に素晴らしい。

小生も岩手に行った際は宮沢賢治を訪ねて遊行しようと思っている。
岩手で宮沢賢治を訪ねるとはなんと楽しみなものか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>