創作に耽る時に・・・

大好きな宮沢賢治の本を読んでいる時間はとても楽しい一時ではあるが、
最近は小生の老人ボケ対策として、詩を創作することを始めている。

さすがにブログに小生のつたない詩を掲載して皆様に御迷惑をお掛けすることはできないが、
今はとても詩を作ることが楽しいと思える。

ただ、作成するまではあまり考えたことがなかったが、
詩のアイデアというものは意外と机に向かって真剣に考えても出ないものである。

公園のベンチに座っている時や、電車に乗っている時という日常生活を送ってる時である。
何とも不思議な事態だが人間というものはリラックスして居る時が一番力を出せるものかもしれない。

最近の私の一番のお気に入りは、家の近くの河川敷を愛用の自転車で滑走することである。
風に舞っている草木の香りを感じながら、頭に言葉を張り巡らせると、
不思議と言の葉がどんどん繋がっていく。

今はまだ冬に入る前なので昼は温かいし、河川敷を散歩するのはとても良い時期だ。
ただ、最近は自転車による事故も少ない無いので、それだけは気をつけて欲しい。

小生は念のため自転車保険に加入している。
もし、サイクリングや日常的に乗っている人にはおすすめしたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>